男性特有の「あの汚れ」のあるオフィス清掃

先週、厳しい寒波が日本列島の寒波が襲来した日、広島市内にある企業様でオフィス清掃を行いました。
ご依頼主は少数精鋭の会社で、社長様をはじめ勤務されている方は全員男性でした。

難敵、石の如くこべりついた尿石

一言で言うと、久しぶりにやりがいのある汚れ具合(;’∀’)
作業日の1週間前に行った現地調査では既に資料を作成頂いたので、スムーズに進みました。

今回の作業メニューは全部で5つ
①トイレ清掃(男女)
②エアコン清掃(2台)
③シンク清掃
④床面清掃
⑤階段清掃

①のトイレ清掃は長年の使用により尿石・黒ずみ(錆)・頑固な水垢等、様々な汚れが衛生陶器や手洗いに付着している状態。
特に男性用小便器には目皿・目皿周囲や床にも尿石が付いてありました。
床面も10年以上洗浄されていないとの事で塗布したワックスが劣化し汚れていたので、剥離洗浄・ワックスで生き返らせることにしました。

②のエアコンは製造から9年の新しいものと、製造年不明の古いものの2台。
後者は経年劣化が進んでいて作業中にパーツが壊れる可能性もありましたが、「壊れてもいいからやって!」というお客様の要望もあり、こちらも作業対象といたしました。

③④は①②の作業をしながら、同時並行で進めます。(階段はオフィスへと続く動線の為、別日程で行います)

時間をかけてじっくり仕上げるのがトイレ清掃の極意

トイレ清掃は当社清掃サービス課の責任者として、高い技術力と豊富な経験をもつH課長が行いました。

トイレに付着している茶色のこべりついた汚れが尿石です。尿石はカルシウム化合物として、清掃が行き届いていなければ徐々に付着していきます。清掃が行き届きづらい公衆トイレ等に入ると酸っぱい臭いがする事がありますが、その臭いの原因もこの尿石です。

この尿石には有機酸と硫酸が入った特殊薬剤を活用、1度や2度の塗布・除去ではなかなか落ちないので陶器への影響も気にしながら少しずつ除去しました。
衛生陶器・洗面を仕上げ、最後に床面剥離洗浄&ワックス塗布。小便器付近には床面には尿石汚れが付着していたので、強めに洗浄し出来る限り除去しました。

【作業前・作業後】
●衛生陶器

●洗面

●床面

●シンク

●エアコン

(分解中の写真を撮っておりませんが、丁寧に内部を洗浄しました)

階段は手作業で丁寧に

残る階段清掃は雪のちらつく週末に作業。
横幅が1m程度の階段の為、踊り場以外の床面・蹴込(縦の部分)は機械を使わず全て手作業で丁寧に洗浄し、最後にワックスで仕上げました。

【作業前・作業後】
●階段

●踊り場

いかがでしたでしょうか?
今回は水回り清掃の施工事例を中心にご紹介させていただきました。
少しでも興味を持っていただけましたら、是非お問い合わせコーナーよりお気軽にご連絡ください。

※作業日:2022年2月中旬

● 八洲管理株式会社(やしまかんり) ●
◇ 広島県・広島市 ◇
◇ ビル管理・ビルメンテナンス ◇
◇ 建物のメンテナンスを通じてお客様の事業を支えます ◇